Home > 産業医のやりがい

産業医のやりがい

産業医がやりがいを感じられる点は、その企業で働いている人たちの健康状態を常に見守ることができるという点が一番です。従業員たちの健康維持に務めることになるため、社会的な立場を実感することができます。社会のために役立っていることを実感できることもあります。

そのためには、自身のスキルを磨くことも大事です。医者としての知識や技能がないことには、従業員たちの診療に当たることもできませんし、何よりも健康状態を維持させるお手伝いもできません。常に勉強をしながら、その企業の従業員たちを見守っていくことになります。

また、大規模な会社の産業医ともなれば、多くの従業員を診ることになります。一人一人をしっかり診ることができるということにもやりがいを感じられるはずです。従業員がみんな健康な状態であれば、企業としての機能もスムーズにいくことになるため、その一端を担っているということでは、やりがいを感じられる職業と言えます。