Home > 産業医の存在意義

産業医の存在意義

企業が産業医を置くのは、50人以上の労働者が常に働いている企業に置くことが義務付けられているからばかりではなく、メリットがあるからです。働いている人々の健康を疎かにしてしまうと、仕事の効率が下がってしまうばかりではなく、不注意からの事故など労災が発生する要因となることがあるからです。

体調が悪くなったときに、すぐに産業医に診てもらうことが出来たり、健康診断の結果からアドバイスを貰って回復に努めることが出来ると、従業員も安心して働ける環境が整うため、仕事にプラスになっていきます。

産業医は診察したりした結果、改善すべきことがあれば事業主に報告を行いますが、個々の細かな相談内容や病気のことについてまでは守秘義務があるため、報告が行われることはありません。ですから、会社に報告されてしまう心配などせずに、調子が悪くなったら利用するべきです。

過重労働やパワハラなどによる病気も近年増えてきていますが、産業医がいればこれらを発生させないようにする抑制にも繋がります。