Home > 専属産業医とは

専属産業医とは

産業医には専属産業医というものがあります。これは、ある企業に専門的に属している医師のことです。そのため、専属産業医となると、その企業に勤めている従業員と同じような労働条件を求められることになります。もちろん、業務内容は医師の仕事となりますが、勤務時間や休日などが他の従業員と同じになるということです。

専属産業医は、その企業に勤めている従業員たちの健康状態を常に把握し、必要に応じて治療を行っていきます。そのため、みんなが健康的であれば出番が少なくなることもあります。一般的な病院勤務よりも自分の時間を自由に使えることができる場合もあるため、その点は楽かもしれません。

ただし、その企業に信頼されないことには長く務めることのできない立場でもあります。従業員たちからも人望が厚く、正確な診察や治療などができないといけません。報酬にも企業によっては満足できないことがあるため、転職の際、転職コンサルタントの交渉力が重要となります。