Home > 産業医不足問題

産業医不足問題

産業医とは、労働者が健康に仕事に取り組めるように指導や助言をする医師のことです。労働者が50人以上の事業所には、産業医を選任することが義務付けられています。産業医は労働者の健康維持だけでなく、未然に病気や怪我を予防することも大切です。

近年では産業医の人材不足が問題視されています。原因のひとつとして雇用形態が揚げられます。産業医は非常勤としての勤務になることが多いため、常勤している病院などで急患が出た場合、そちらを優先します。その結果、企業への訪問が延期になったり、健康管理への取り組みが先延ばしになってしまうのです。また、常勤している勤務先で転勤を命じられた場合にも、産業医としての継続が難しくなります。このようなことから、企業側は常勤で働くことができる産業医を採用するように変わりつつあります。

また、うつ病などの精神疾患を患う労働者が増えているため、産業医にも専門的な知識が求められます。企業側はキャリアだけでなく、様々な分野の知識を身につけている人を求めているためなかなか採用に至らないケースも増えているようです。