Home > 産業医と治療行為

産業医と治療行為

産業医は一般的な病院やクリニックに勤めている医師と比べて、治療行為がちょっと異なっています。企業専属の専属産業医となると、その企業の従業員だけを診察し、治療することになるため、その他の一般人の診療をすることはありません。

また、診察や治療というよりも、最近ではメンタルヘルスケアを中心に行うことが多くなってきています。過重労働や職場の人間関係のストレスなどによって、心身共に疲れ切っている従業員が増えてきていることから、心のケアなどにも務めることがあります。精神的な疾患にまですすんでしまうと業務にも支障が出てしまうため、何とか改善できるように診療していくことになります。

それから、健康状態を把握することも仕事の一つです。従業員たちが心身に異常をきたしているようでは、会社としても困るからです。健康的に仕事を続けられるようにするために、産業医という人が専属で付いていることになっているため、従業員たちの健康管理に務めることは必須です。