Home

産業医について

産業医とは

企業等の事業場において、常時50名以上の人が労働に従事している場合においては、労働安全衛生法に基づき、事業者はその事業場に医師を選任するなどして、労働者の健康管理等にあたる義務があるとされています。この場合の医師の事を産業医と言います。

選任する産業医の人数については、事業場の規模(労働者数)によって変わってきます。たとえば、3000名以下の労働者数の事業場は1名以上で、3001名以上の事業場においては、2名以上の産業医の選任が必要です。

産業医は医師です。しかしながら、単に医師免許を所持しているだけでは不十分であり、厚生労働省が規定する要件を満たさなければ、産業医にはなれません。なおこの要件には、厚生労働省指定の研修を修了する事の他、計4種あり、これらの中から1つの要件を満たせば良いとされています。

産業医の職務の概要を紹介すると、健康診断、労働者の健康を維持管理に関する指導や相談の受付、労働衛生教育などがあり、仮に健康障害が発生した場合には、その原因調査や、再発防止措置の実施に当たらなければなりません。

産業医になるには

産業医になるには、労働安全衛生法で定める要件を満たしていることが必要になります。労働安全衛生法で定める要件は5つあり、その中のひとつを満たしていることが求められます。

満たさなければならない要件は、具体的には①厚生労働省が定める労働者の健康管理のために必要な医学研修を受けていること②産業医の養成校を卒業し、かつ厚生労働大臣指定の実習を履修していること③保健衛生分野の労働衛生コンサルタント試験合格者であること④現在または過去に大学で労働衛生に関する科目を持つ教授・助教授・常勤講師の職についていること⑤厚生労働大臣が定めるその他の者、の5つです。

よって、産業医になるためには、これら5つの要件のどれかを満たすために研修や実習を履修したり試験に合格することが必要な条件となります。

必要となる研修には、日本医師会や都道府県が実施する産業医研修や産業医科大学が主催で開催される産業医学基本講座があります。認定産業医の資格を取得するために必要な単位がこれらの研修により取得できますが、研修により取得できる単位数はことなります。